とくやまBlog

2016年3月 9日 水曜日

子どもの治療の大切さ

【子どもの治療の大切さ】

当院では、子どもの治療も大切にしています。

顔をぶつけて、タンコブが出来ていた子どもさん。

幼い子どもは、ケガをする時には、顔をぶつける事が圧倒的に多い。

タンコブが出来ると、皮膚の緊張が出来て、顔に歪みが出来てきます。

その状態で放置していると、全身に緊張が広がり、全身の歪みになります。

そうすると、最近の小学校で問題視されている、姿勢の悪い子が多い。ジッと座っていられない子が多い。

と言う問題が出てきます。

ジッと座っていられないのは、身体が過緊張を起こし、座ってると、身体がしんどいんです。
疲れるんです。

だから、動きたくなる。


原因は、これだけではないですが、
そんな子どもさんも、多くなってきています。

だからこそ、子どもさんが、何かケガをした時には、将来の為にも治療が大切なのです。


しかも、バイタルリアクトセラピーでは、軽い振動やなでるだけ、なので子どもさんが嫌がる事もなく、みんな自分からベッドに横になり、安心して治療を受けてくれています。


いつもご信頼ありがとうございます。




pic20160309120925_1.jpg

投稿者 とくやま整骨院

アクセス


大きな地図で見る

とくやま整骨院
兵庫県神戸市東灘区深江本町
3丁目9-1
078-441-5877
【診療時間】
午前 8:00~12:00
午後 15:00~20:00

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら