とくやまBlog

2015年6月17日 水曜日

プロの治療家が絶対しない治療方法②

こんにちわsun


では、前回に続き「プロの治療家が絶対しない治療方法」を書いていきたいと思いますhappy02


その前に、なぜ、この様な事を書くのかと言うと、


私も以前、バリバリのマッサージをしてきました。


揉んで、押して、してきましたbearing


患者さんが「そこそこ!!気持ちいい!!」と言われると、一生懸命しましたweep


でも、ある日本当に、これで治ってるのか??
疑問をもちましたsign03


答えは、患者さんに出ていますsign03


患者さんは、毎日来院するのですwobbly

経営としては、毎日来て頂いた方がありがたい(笑)


でも、毎日来るって、治ってない証拠ですよねsign03


揉んでもらっても、家に着いた頃には、また症状が出てるwobbly

治ってない証拠ですよねsign03


最初は、弱い刺激で良かったのに、段々強い刺激を求めるwobbly


治ってないどころか、強い刺激なんて、悪くなってますよねcrying


マッサージでは、体は、治らないsign03sign03


患者さんを診て、確信しましたsign03


国家資格を持つ、プロのはずなのに...crying


なので、前回書いたように、揉む、押す、叩くなどの治療行為を一切やめましたup


絶対に治らないからsign03


これが、私たち夫婦が、マッサージをしない理由ですhappy01



今日の「プロの治療家が絶対しない治療方法②」は、


患者さんの求めていることはしない


これは、どういうことかと言うと、

患者さんの症状は、必ずしっかりと、お聞きしますhappy01


しかし、痛みがでている場所が、必ず悪いとは限りませんsign03


例えば、ヘルニアやすべり症で痛みがあったとしても、

なぜ?ヘルニアになったのか?
なぜ?痛みがでているのか?

しっかり、レントゲンや関節可動域、筋肉の状態などの検査に時間をかけて、
その方は、どこが悪いのか、判断していきますsign03


なので、痛いところを必ず触るとか、患者さんが「そこそこ!!もっとして!!」と言うご要望には、お答え出来ませんimpact


それが、またプロの仕事だと思っていますsign03


痛い所を、マッサージする。そこそこ!!と言われた所を、触るなら、誰でも出来ますsign03


子どもにも出来ますsign03

それでは、治らないし、

いくら国家資格を持っていようと、そんな行為は、プロではないですねpout


必要な所に、必要だけの刺激で治療をしていく事が、体が治る為の最も近道になりますup




あっsign03外傷(捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼)は、話別ですheart01



なので、いくらそこが痛くても、触って欲しくても、そこが全然問題ないと判断したら、治療はしませんhappy01



それが、患者さんの求めていることはしない。


と言うことですhappy01paper




【国家資格を持つ身体のプロの夫婦が施術しています】

【診療時間】
午前8:00~12:00

午後15:00~20:00


【場所】
〒678-0021
神戸市東灘区深江本町3-9-1-104


阪神神戸線「深江駅」スキップ5歩heart01


【電話番号】078-441-5877







投稿者 とくやま整骨院

アクセス


大きな地図で見る

とくやま整骨院
兵庫県神戸市東灘区深江本町
3丁目9-1
078-441-5877
【診療時間】
午前 8:00~12:00
午後 15:00~20:00

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら