とくやまBlog

2013年5月14日 火曜日

基礎代謝

おはようございますsun

今日も晴天ですpaper

過ごしやすくなってきましたが、体調を崩さないように、注意する時ですsign03

今日は、体温について書きますscissors



人間は、恒温動物で、常に一定の体温を維持している必要がありますhappy01

この体温の維持機能も、ホメオスターシス(恒常性、生物においてその内部環境を一定の状態の保つ働き)の1つですup

わずか、1℃の体温変化でも、体は敏感に感じ取ります。

最近では、低体温の方が増えているそうですね。


そもそも、体温はどこからやってくるのでしょうか?


恒温動物は、自ら体温を作り出していますsign03

体温を生み出す働きを持つ器官は、筋肉ですhappy01

全身の筋肉は、運動以外にも体温調整にも働いていますup
これは、いわゆる基礎代謝機能の1部ですsign03


この、体温調整のための筋肉の働きは、ケトン体代謝で行われています。

体内で貯蔵されている中性脂肪を肝臓でケトン体に変換し、筋肉の活動のためのエネルギーにしているわけです。

このような基礎代謝のほとんどは、糖質ではなく脂質をエネルギー源としていますup

筋肉は糖質もエネルギーにすることができますが、急な運動や大きな力を出す時に使われる程度で、メインの活動エネルギーは、していませんbearing


筋肉はもちろんタンパク質から出来ていますpaper

また、筋繊維であるミオグロビンは、ヘム鉄を含むタンパク質ですsign03
ですので、鉄もまた、筋肉の維持や増大には、非常に大切なミネラルとなりますsign03sign03


体温が高いことは、免疫力にとっても重要で体温が高い方が、免疫力も高いという事が示されてていますhappy01

基礎代謝として資質を燃焼させ、免疫力向上の為にも、筋肉量をふやすべきですup

筋肉量を増やす時に重要なのが、運動よりも筋肉の材料となる栄養素、特にタンパク質とヘム鉄を豊富に摂る事ですnotes


そして普段から体を動かすことを意識することで、筋肉質の体にかえていくことができるでしょうhappy01heart04


この点から、糖質を制限し、タンパク質中心の食生活にすることの重要性がうかがえますsign01







投稿者 とくやま整骨院

アクセス


大きな地図で見る

とくやま整骨院
兵庫県神戸市東灘区深江本町
3丁目9-1
078-441-5877
【診療時間】
午前 8:00~12:00
午後 15:00~20:00

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら