とくやまBlog

2013年5月 7日 火曜日

夏冷えをまねく5つの要因

こんばんわ。

パソコンの調子が悪く久しぶりの更新になってしまいましたdespair

これから夏になり、また季節の変わり目に体調を崩してしまう方が多いので、今日はその要因について書きたいと思いますgood


なぜ、今書くのかというと、今から対策を立てないと、夏になってからだと遅いのですsign03


暑さに負けそうな時には、本当に助かる冷房happy01ですが...

オフィスや電車、レストランなど冷房の効いた場所に長時間いると、身体の芯まで冷えて体調を崩しやすくなりますwobbly

それが「夏冷え」であるというのは、周知の事実ですが、夏冷えの原因は、それだけでは、ないのですsign03


夏冷えの要因を招くのは5つ

one冷房

two冷たい飲み物や食べ物

three薄着のファッション

four女性ホルモンの影響

five筋肉量の低下

「冷え」とは、上半身と下半身の温度差のこと。

冷えにくい上半身と、足元では誰でも差が生じますhappy01

血流が悪くなり、様々な冷えの症状を引き起こしますdown


one冷たい空気は下に溜まりますsign03冷房の効いた部屋では、足元をさらに冷やしてしまいますban

two冷たい食べ物や飲み物は体内に直接、冷えを作ってしまいますsweat01
  
 そして、水分不足を意識して、冷水を飲む方も多いのですが、夏に冷水を飲んでも、ほとんど体に吸収されず、
 尿となって、体外へ出ていきますwobbly

 常温の水が一番、良いですheart04

 我が家は、真夏にも家で、鍋をしますheart02
 みんなで、いっぱい汗をかいて、毛穴を広げ、身体の毒を出しますhappy01

 この時、必ず注意して欲しいことが、タオルでこまめに汗を拭うことsign03

 汗を出すことで、夏バテを防げる一方、汗を放置すると、逆に身体を冷やしてしまいますbearing

 なので、こまめに汗を拭いて下さいscissors


three夏は、裸足にサンダルなど足元を冷やしてしまいますsweat02

four女性ホルモンは、血管を収縮させたり、体温を上げる働きがありますsign03
  分泌が鈍化すると冷えの原因になりますsweat01

five脂肪は、冷たいもの。
  筋肉が脂肪に変われば、体温も下がりますweep


「冷え」は自律神経を乱し、自律神経の乱れはホルモンのバランスも崩しますcoldsweats02

逆にいえば、身体を温めれば自律神経は整い、ホルモンバランスも正常になるのですup

特に女性ホルモンは、外的要因の影響を受けやすいので、リラックスタイムを設けて心を穏やかにすることも大切ですhappy01heart04


昔から伝わる、「頭寒足熱」が大切ですpaper


夏でもシャワーで済まさずに、湯船に浸かりましょうhappy01

気温が高いことと、身体が温まることは別ですflair

夏こそ積極的に下半身を温めて冷えをとりましょうscissors


よく患者様から質問がある事

piscesサウナでも効果ありますか??

 サウナは、デトックスなどの効果は、ありますが、「下半身を温める」という点では、全くの逆効果ですpaper


cancer汗をかくと体がベタベタするのが、嫌で、汗をかかないようにしてしまいますdespair

  それは、汗がまだまだ、出足りませんwobbly

  汗をいっぱいかくと、ベタベタする汗ではなく、サラサラした汗になりますhappy01

  そこまで、汗を出さないといけませんheart04


以上を守っていると、夏冷えで、秋口に体調が崩れることは、ありませんhappy01

なには、質問等ありば、なんでも聞いて下さいねup
私の解ることなら何でもお答えいたしますheart04






投稿者 とくやま整骨院

アクセス


大きな地図で見る

とくやま整骨院
兵庫県神戸市東灘区深江本町
3丁目9-1
078-441-5877
【診療時間】
午前 8:00~12:00
午後 15:00~20:00

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら