とくやまBlog

2013年2月18日 月曜日

便秘の対策。

こんにちわup

今日は、雨ですねweep

こんな日だからこそ、笑顔でいきますhappy01heart04


よく女性の患者様で便秘です。とか、産後、便秘になった。とか、子どもがすごく便秘なんです。と訴える方が多いので、今日は、便秘について書きたいと思いますscissors


病気とまでは言わないけれど、便秘に悩んでる方がなんと多い事でしょうwobbly

仕事や育児に追われて、トイレに行くタイミングを逃したり、自律神経の働きが悪く、不規則な生活をすると、便秘になってしまいますsweat01


便秘は、おならが臭い、お腹が張る、かたくなる、痛いなど、不快感を伴いますsign03


また、自律神経のみだれ、腸内環境の悪化から、湿疹や肌荒れを起こしやすくなり、体調不良、ひいては大腸ガンの原因にもなるともいわれていますbomb


市販の便秘薬は、飲まなくなったら効果がなくなる、あるいは薬による耐性によって薬を飲む量が増えてしまう事もありますから、根本的な解決には、なりませんimpact


まずは、自律神経のみだれを正すには...自律神経の事から書いていきますsign01


内臓の機能は、自律神経が支配していますsign03


人間には、運動神経と、自律神経とで体が動いていますsign01

運動神経とは、自分の意思で動かせる神経。(腕を動かす。とか、歩くなど)
自律神経とは、自分の意志では、動かせない神経。(内臓など)


皆さんは、運動神経と自律神経では、どちらが多く体を支配している神経だと思われいますかsign02


apple正解apple
自律神経sign03しかも体の約90%以上も支配しているのですpaper

その自律神経が乱れてしまうと、多くの症状を引き起こしてしまいますsad


自律神経は、交感神経(主に日中に働く神経)と副交感神経(主に睡眠時に働く神経)とがありますsign03

交感神経と副交感神経は、互いに正反対の働きをもって、バランスを取り合っている神経で、どちらかが過剰に働くと、
もう一方は休んでしまいますup


自律神経の乱れは、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、内臓機能が低下するということですpaper



内臓機能が低下すると、栄養状態も悪化し、便秘も起こり、さらに重大な病気に発展していくのですsad



そして、腸内環境の改善も、とても大切ですsign03



[水や食物繊維をとる」


<生きた水を飲む>

一般に便秘の場合、朝、起きてからたくさんの水を飲むこと、食物繊維をとることが一番ですgood

水とは、水道水で、沸騰させたお湯ではなくdown


生きた水とは、酸化還元電位が低く(体の酸化、すなわち老化を防いでくれる還元力が強い)、

水の分子集団であるクラスターが小さい(細胞に吸収されやすい)、

水という事ですheart01heart01

この生きた水を、1日1~1.5リットル飲むように心がける事ですhappy01


<食物繊維を多くとる>

食物繊維には、水溶性と不溶性がありますsign01

両方をバランスよくとる必要がありますが、とくに不溶性の食物繊維が有効とされていますsign03


不溶性の食物繊維をとると、消化管の中で自らは、消化されずに、腸内にたまっている不要物を抱えこんで、便をつくり、
お腹を大掃除してくれますhappy01up


cherryひじき

tulip切干大根

bananaおから

appleごぼう

budアボガド

などは、少しの量で多くの食物繊維をとることができますsign03

ただし、ごぼうはあくが強いので、調理には気を付けてくださいねflair


水溶性食物繊維は、

mapleこんにゃく

cherryblossom海草

riceball果物

などは、水に溶けるものですsign01

胃の中で水分を吸って、ドロドロになって腸まで届くので、便の量を増やし、毒性のものや、身体に不要なものを

くっつけて柔らかい便をつくってくれますhappy02


また、カロリーも少なく、胃の中で水に溶けて量が増え、満腹感が出るので食べ過ぎを防いでくれますhappy01



水分が不足してしまうと、便をかたくしてしまう作用があるので、必ず水分をとって下さいpaperheart04


そして、朝、便意を感じなくても、まず定期的にトイレに座ることをお勧めしますup

また、少しでも便意をもよおしたら、どこでも恥ずかしがらずに、トイレを借りるようにすることも、

便秘解消の大きなポイントですnote



しかし、便秘と下痢を交互に繰り返すケースでは、便秘解消のため食物繊維のとりすぎにより、悪化することも
ありますので、注意して下さいweep


ここでは、一般的なケースを書きましたが、ひとりひとり症状や原因が様々ですsign03

特に、子どもでも当院の治療は、問題ありませんnote

子どもさんが怖がる場合は、お母さんに抱っこしてもらいながら、治療したりup

ちゃんと、お子様の気持ちを考えながら治療させて頂きますwink



なんでも、気軽にご相談下さいhappy01heart04

























投稿者 とくやま整骨院

アクセス


大きな地図で見る

とくやま整骨院
兵庫県神戸市東灘区深江本町
3丁目9-1
078-441-5877
【診療時間】
午前 8:00~12:00
午後 15:00~20:00

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら