とくやまBlog

2012年9月13日 木曜日

自律神経失調症は万病のもと

体のさまざまな機能を円滑にコントロールする自律神経の調子が悪くなることを

「自律神経失調症」といいますが、



いったんその状態に陥ると内臓の機能異常・不眠・めまい・動悸・頭痛・冷え性・耳鳴り・全身倦怠感・

下痢・便秘・肩こり...といったさまざまな症状がおこってきますdown



一般的に交感神経が強いと筋肉は硬く、骨格は歪み、血圧も高く、内臓機能の低下となりますsweat01



反対に、副交感神経が高まれば、筋肉は柔らかく、骨格の歪みは整い、血圧も正常に、内臓機能は活発になりますup



バイタルリアクトセラピーでは、この自律神経に対してアプローチをしていき

病気に打ち勝つ抵抗力・免疫力と健康を回復させますsmile





投稿者 とくやま整骨院

アクセス


大きな地図で見る

とくやま整骨院
兵庫県神戸市東灘区深江本町
3丁目9-1
078-441-5877
【診療時間】
午前 8:00~12:00
午後 15:00~20:00

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら