とくやまBlog

2012年9月 8日 土曜日

水分補給

diamond今日は、水の種類とタイミングや飲み方についてお話しますdiamond




その人によって、必要な量は異なりますが、

1日に水分をしっかり補給することは、体の平均60兆個もある細胞にとても必要ですwink



朝、起きてから始まり、1時間毎に水を飲む事が大切ですが、その飲み方もとても重要ですpaper




oneまず、朝起きるとコップ1杯の水を飲むsign01

これで、体の代謝がアップしますup




two運動をされている方は、運動をする30分前から、何回かに分けて飲むと良いsign01



運動を始める30分前、250~500mlを何回かに分けて飲むnotes



運動中は20~30分毎に一口200ml程度飲むdash



運動が終わった後は、減った体重分を補うように何回かに分けて飲むnote



  こうすることで、効果的に水分を吸収できますcatface




three朝・入浴前後・夜に常温水を飲むと良いup

常温水は、体に負担をかけずに代謝を促進してくれますlovely




fourのどの渇きがくる前に、水分補給をsign03

人は、何もしなくても、1日約1.5リットルずつ水を失いますsweat01

水分が少なくなると、酸素や老廃物を運ぶ機能が低下して、血液がドロドロになりますbearing

のどが渇いたと思ってからだと遅いのですsweat02

唇がカサカサになるのも水分不足の表れですweep




のどが渇いた時は、200mlの水を噛むようにして飲むと良いnote



つい、カブカブ飲んでしまいがちですが、一気に飲むと体に吸収せず尿になるだけなので、

少しずつ飲む事が大切ですheart01




five1日水を1.5~2リットルを少しずつ飲み続けると良いupwardright

一気に飲むのでは、なく1回100~200mlに分けてこまめに飲むのが良いnotes

体に水を巡らすことで、代謝をアップし、血管やリンパの働きも良くなって、むくみにくくup

脂肪もたまりにくくなると、言われていますshine




six水分補給なら、水、麦茶など「ノンカフェイン飲料」が良いnotes

水・麦茶・ほうじ茶・ミネラルウォーター・スポーツドリンクなどhappy02




seven熱中症対策には、塩分を含むスポーツドリンク等が良いok

大量に汗をかくことで、水分・塩分も失われますcoldsweats02

こまめに補給しましょうup




eight緑茶やウーロン茶は、水分補給にはならないthink

「カフェイン飲料」は、このカフェインを解毒する際に、水分を促し利尿作用により、水分が溜まらないのですsweat01

コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶などdown




danger注意したいことdanger




汗をかいた後に飲むビールは危険bomb

アルコールは、水分を逃がしてしまいますsweat01

飲みたい気持ちはわかりますが、ますます脱水状態になってしまうのですcrying




甘い飲み物等による糖分の摂り過ぎは、集中力がなくなりますdown

糖分の摂り過ぎは、カルシウム欠乏症にもつながってしまうsad

砂糖は体の中でビタミンB1を消耗し、集中力がなくなりやすくなってしまうそうですdown




水だけじゃダメwobbly

血液の塩分濃度が不足した状態で水だけ飲むと、塩分濃度がさらに低下してしまいますdownwardright

塩分や糖分に加え必要なミネラル分も補給しましょうgood




nine清涼飲料を飲みすぎると、「ペットボトル症候群」になるwobbly

糖分の多い清涼飲料を飲み続けていると、急激に血糖値が上がる「ペットボトル症候群」に

陥る危険性があるban




たくさん飲み物を飲んだからといって、種類やタイミング、飲み方を間違えると細胞への水分が不足し、

肌が乾燥したり、風邪を引きやすくなったり、病気を起こしたりするので、気を付けて下さいsign03







投稿者 とくやま整骨院

アクセス


大きな地図で見る

とくやま整骨院
兵庫県神戸市東灘区深江本町
3丁目9-1
078-441-5877
【診療時間】
午前 8:00~12:00
午後 15:00~20:00

【休診日】
土曜日午後・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら